カテゴリー別アーカイブ: シャンタル・アケルマン

『ジャンヌ・ディールマン』(1975)

シャンタル・アンヌ・アケルマンの『ジャンヌ・ディールマン』(1975)はデュラスの『インディア・ソング』(1975)と並ぶ、デルフィーヌ・セイリグの代表作である。どちらの作品もいまなお現代映画を代表する傑作だが、『ジャン … 続きを読む

カテゴリー: シャンタル・アケルマン, 映画 | コメントは受け付けていません。

“Saute ma ville”(1968)

シャンタル・アケルマンも亡くなってしまった。 “Saute ma ville” は18歳時の短編。『アンヌ・ディールマン』を先取りした作品と言われるが、音声の処理が面白い。ヒロイン(アケルマン自身 … 続きを読む

カテゴリー: シャンタル・アケルマン, 映画 | コメントは受け付けていません。