カテゴリー別アーカイブ: 生政治

アガンベンが語る「収容所」について

90年代のジョルジョ・アガンベンが、フーコー晩年の二つの生政治研究の系列の、暗がりにおかれた交差点を取り上げたことはよく知られている。すなわち、国家が個人の自然的生への配慮を引き受ける政治的技術(全体化)と、個人が自分を … 続きを読む

カテゴリー: 生政治 | コメントは受け付けていません。