カテゴリー別アーカイブ: 科学史

トーマス・デ・パドヴァ『ケプラーとガリレイ』

多くの美点を持つ本だ。わたしが注目するのは次の諸点である。1) 近世における天文学の転換点の記述、2) ガリレイ神話の問い直し、3) ケプラーとガリレイが生きた時代の歴史的背景の記述。 1) について。ケプラーとガリレイ … 続きを読む

カテゴリー: , 科学史, 陰謀, 革命 | コメントは受け付けていません。