カテゴリー別アーカイブ:

真冬のサングリア

酒カテゴリーのエントリーでありながら埋め草ではなく、酒が主題である。これは本ブログはじまって以来のことだ。 雪に閉じ込められたため週末の予定がご破算になった。そこで昨日、思い立ってサングリアを作ってみた。夏の軽い飲み物で … 続きを読む

カテゴリー: | コメントは受け付けていません。

けもののにおい

埋め草指数85くらいの埋め草を書こう。 ワインの香りを形容する常套句のひとつに「けもののにおい」というのがある。典型的には熟成が進みつつあるピノ・ノワールの、日に干された草の香りとウォッシュ・チーズのそれを混ぜたような独 … 続きを読む

カテゴリー: | コメントは受け付けていません。

おいしいリースリングとダグラス・サーク

現下の最大のミッションは『エレニの帰郷』を見に行くことである。しかしながらこうした試みには下準備がいる。第一に『エレニの旅』を見直さなければならない。が、その余裕がない。なぜなら一昨日、ロッセリーニのDVD(『ブレーズ・ … 続きを読む

カテゴリー: 映画, | コメントは受け付けていません。

口上

当ブログに酒の話題が増え、昨夜は“酒”タグまで作ってしまった。堕落した。気をつけなければいけない。 書きたいことはたくさんあるけれども、ここのところまったく専門外の事柄に首を突っ込んでいるものだから、うっかり馬鹿なことを … 続きを読む

カテゴリー: , 陰謀 | コメントは受け付けていません。

今夜のワイン

La Mancha, Marques de Toledo, Gran Reserva 2006. テンプラニーリョ90%, カベルネ・ソーヴィニヨン10%と裏書きしてあるが、ソーヴィニヨン香がしっかりしていて、繊細な酒だ … 続きを読む

カテゴリー: | コメントは受け付けていません。

カレーライスにあうお酒

カレーによくあうお酒は何だろうか。カレーといっても本格的なインドのそれではなく、市販のルーでつくり、半日置いた程度の一般的な家庭の味のものである。家庭で食されるカレーにつきものの、ごろごろしたじゃがいもの件を勘案して条件 … 続きを読む

カテゴリー: 哲学, | コメントは受け付けていません。

マラスキーノ・チェリー

マラスキーノ・チェリー(アーモンドの香りをつけたさくらんぼの砂糖漬け)は、パフェとかマンハッタンなど甘みで勧誘する食物・飲料の添え物である。今夕わたしはNavarra 産Garnacha種の安ワインを飲んでいる――見事に … 続きを読む

カテゴリー: 保守反動, | コメントは受け付けていません。

ガスコーニュ

ガスコーニュGascogne. フランス南西部、ピレネー山脈に囲まれ大西洋に面したバスク人の地。征服者ローマが与えたアクイターニア Aquitaniaの名称は、その後も欧州史に時々顔を出すアキテーヌ Aquitaineの … 続きを読む

カテゴリー: , 革命 | コメントは受け付けていません。

Dailuaine

よいシングルモルトに出会った。ベルギーのボトラーがDailuaine 醸造所の1973年の樽をDaily Dram という名で瓶詰めしたもの。サブタイトルがADIEU LINA!  Forgus McDonald という … 続きを読む

カテゴリー: 東京, 美術, | コメントは受け付けていません。