カテゴリー別アーカイブ: 美術

パレルモの「死の勝利」

馬年にちなんで縁起の良い絵画をひとつ。パレルモは Galleria Regionale 所蔵のフレスコ「死の勝利 Trionfo della Morte」。この作品の画像はウェブにたくさん落ちているが、ここで紹介するのは … 続きを読む

カテゴリー: 美術 | コメントは受け付けていません。

レグルス(ターナー、1828)

ターナー、1828年作品。http://www.turner2013-14.jp/feature/index4.html ローマの執政官マルクス・アティリウス・レグルスは第一次ポエニ戦争の名将である。陸戦の雄ローマに対し … 続きを読む

カテゴリー: 美術 | コメントは受け付けていません。

検閲の、学術に対する「寄与」

「ユートピアを求めて――ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」展(神奈川県立近代美術館葉山)は、松本瑠樹氏個人のコレクションによって構成されている。その内容の充実と保存状態の良好さについてはすで … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 美術 | コメントは受け付けていません。

モンタージュについて

モンタージュとはフィルムのカット&ペーストである。革命直後のソ連映画、とりわけヴェルトフとエイゼンシュテインのドキュメンタリー的手法がモンタージュの表現を拡大したことは事実だ。彼らがロシア革命あるいは革命後のソ連を取り上 … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 美術 | コメントは受け付けていません。

「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて――ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」展

「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて――ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」(神奈川県立近代美術館葉山館、2014年1月26日まで)に行った。すばらしい展示である。ロシア・アヴァンギャル … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 美術, 革命 | コメントは受け付けていません。

「ジゼル・ツェラン=レトランジュ」追記

少し前に神奈川県立近代美術館鎌倉別館で開催されているジゼル・ツェラン=レトランジュの版画展に関するエントリーを掲げ、出品されているエッチング「ワインと忘却のときに Bei Wein und Verlorenheit」(1 … 続きを読む

カテゴリー: ツェラン, 美術 | コメントは受け付けていません。

ジゼル・ツェラン=レトランジュ

神奈川県立近代美術館鎌倉別館で少し変わった展示をやっている。「西洋版画の流れ/特別展示 ジゼル・ツェラン=レトランジュ」(12月1日まで)。美術館所蔵のジゼル・ツェラン=レトランジュの作品を中心に(彼女の夫パウル・ツェラ … 続きを読む

カテゴリー: ツェラン, 美術 | コメントは受け付けていません。

Dailuaine

よいシングルモルトに出会った。ベルギーのボトラーがDailuaine 醸造所の1973年の樽をDaily Dram という名で瓶詰めしたもの。サブタイトルがADIEU LINA!  Forgus McDonald という … 続きを読む

カテゴリー: 東京, 美術, | コメントは受け付けていません。

ソロモンの雅歌

ギュスターブ・モローの「雅歌(1893)」は大原美術館にある。 http://www.ohara.or.jp/201001/jp/C/C3a28.html ソロモンの雅歌の日本語訳はこちらのリンクを(日本聖書協会による口 … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 美術 | コメントは受け付けていません。

オランダ人曰く「てへ、手紙でも書きましょう」

いまBunkamura で開催中の「フェルメールからのラブレター展」、構成がいいというあるかたのツイートを読んで興味を持った。年内に展覧会には行けないので、ウェブサイトで企画の概要を見てみよう。http://vermee … 続きを読む

カテゴリー: 美術, 陰謀 | コメントは受け付けていません。