日別アーカイブ: 2011/11/10

パン・フォーカスに対するアンドレ・バザンの評価

バザンの「映画とは何か」第1巻(邦訳では第2分冊)、「映像言語の問題」の中核をなす論文は「映画言語の進化」と題されている(1950年から57年に書かれた3つの論文をまとめて再構成したもの)。映画の哲学者がその才能を遺憾な … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 革命 | コメントは受け付けていません。