日別アーカイブ: 2012/01/16

祇園の姉妹

一貫して身体、身体、身体という映画である。なぜ小津をしてこの映画は自分には撮れないと言わせたのか。いまのわれわれにはその核心をなす映像を見ることができないのかもしれない(フィルムが失われているため)。しかし芸者がたんに媚 … 続きを読む

カテゴリー: 溝口健二 | コメントは受け付けていません。