日別アーカイブ: 2013/10/12

鈴木清順作品における遍歴という構造について

「清順の剃刀、あるいは鈴木清順の編集技法について」の続きである。できれば先のエッセーも読んでいただきたいが、あちらは初期作品に重点を置いた記述で長いため、興味を引かれないかたも多いと思う。そこで今回は極力要点だけ簡潔に書 … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 清順, 革命 | コメントは受け付けていません。