日別アーカイブ: 2013/11/07

歌謡映画について――清順『浮草の宿』

結論を先に言うと、鈴木清順初期の「歌謡映画」をわたしは高く評価する、というだけである。 『公共圏と経験』へのハンセンの序文には、クルーゲについての短い紹介が含まれている。それを通してわたしは、大学での彼の副専攻が宗教音楽 … 続きを読む

カテゴリー: クルーゲ, 映画, 清順, 音楽 | コメントは受け付けていません。