日別アーカイブ: 2013/11/21

モーリス・ピアラ『愛の記念に』

光源と実物を振り返って見ることのかなわない、穴蔵に暮らす者どもが見ているのは壁に映る影絵に過ぎない、という洞窟の比喩は、その実物がさらにまた別の実物の影絵ではないとどうして言えるのか、という無限遡行の問いをもたらすので、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。