日別アーカイブ: 2013/11/29

映画におけるイメージの屈折と観念(1)

ピアラの『悪魔の陽の下に』は、ベルナノスの解釈や神学的思弁といった意味での観念を扱ってはいないと少し前に書いた。その記事の中でわたしは、映画はどのようにして観念を取り上げるのかについてはっきり書かなかった。『悪魔の陽の下 … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。