日別アーカイブ: 2013/12/05

映画におけるイメージの屈折と観念(8)・(了)

昨日、ライプニッツが言う「観念」について言及した際、「ロックの観念の濫用とデカルト派の『明晰判明な観念』の濫用を戒め」と述べ、「観念とは何か」「認識、真理、観念についての省察」を典拠としてあげた。しかしこのふたつの論文は … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。