日別アーカイブ: 2013/12/10

『愛の記念に À nos amour』のえくぼのショットと台詞について

「映画におけるイメージの屈折と観念」という先のエッセーは、思弁的なところがない(観念的なものを描こうとしない)ピアラの作品が、映画本来の観念を呼び覚ますのに感銘を受けて書いた(観念というやつは、いつのまにか映画に棲みつい … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。