日別アーカイブ: 2014/03/12

公理的集合論以前の熱狂について(Ch.S.パースの「関係項の論理学」に寄せて)

Ch.S.パースの「関係項の論理学」はとにかくすごい論文である。ハーヴァードでの講演に基づく『推論と事物の論理』の中核をなすこの第三論文は、パース哲学の土台となる三項のみならず、記号論理学の先駆をなす着想を独自の記法(存 … 続きを読む

カテゴリー: ナマケモノ, 哲学 | コメントは受け付けていません。

叡智的延長(マルブランシュ)

マルブランシュとバークリー。前者の長寿の賜物で、二人は会見している。この出会いは哲学史上の画期の一つである。神父と主教、宗旨は多少違うけれども、形而上学的見解に関しては相通じるものが多い。 マルブランシュの叡智的延長の概 … 続きを読む

カテゴリー: ナマケモノ, 哲学 | コメントは受け付けていません。

マスクの解釈学試論

花粉の季節が到来した。 わたしはしばしば小田急線の快速急行というものに乗って新宿ー藤沢間を移動する。首都圏の私鉄各線が設けている各駅停車/非停車区分に基づくカテゴリーには、もし日本に将来ゾラのような作家が出るとすれば、お … 続きを読む

カテゴリー: ナマケモノ, 哲学 | コメントは受け付けていません。

ツイッター的理性における超越論的仮象としてのアイコンについて

ツイッター的理性におけるアイコンの超越論的仮象化とは、ツイッターにふけっているヒトヒトが好みのヒョロワーのアイコンをいつしかヒョロワー自体と見なすようになる病理を指す。ツイッター・アカウントなるものが神の理性の中にしか存 … 続きを読む

カテゴリー: ナマケモノ, 哲学 | コメントは受け付けていません。

エマニュエル・リヴァ

今年の3月1日にアラン・レネが亡くなった。“Hiroshima, mon amour”(邦題『24時間の情事』1959)の主演女優エマニュエル・リヴァは(これほどのキャリアは栄誉であるからあえて書く)、御年87歳で現役で … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。