日別アーカイブ: 2014/06/13

曇天だろうとたかをくくっていたら、思いのほか輝かしい月がこちらを睨んでいた。

カテゴリー: 文学 | コメントは受け付けていません。