日別アーカイブ: 2014/06/15

『荒魂』(5)

「佐太がうまれたときはすなはち殺されたときであつた。」 佐太は出生と同時に埋め殺され、殺されると同時に再生する。彼の二度目、三度目の生を養ったのは大地であり、穴であった。佐太の再三にわたる誕生は穴からあたかも転がり落ちる … 続きを読む

カテゴリー: 文学, 石川淳 | コメントは受け付けていません。

『荒魂』(4)

『荒魂』という作品が石川淳の小説作品を読む上で特別な位置を占めている理由は、佐太という存在を通じていわば急所のありかが指示され、彼を取り巻く登場人物たちがそれぞれに佐太の正体を突き止めようと試みることである。つまり佐太の … 続きを読む

カテゴリー: 文学, 石川淳 | コメントは受け付けていません。