日別アーカイブ: 2014/07/14

カメラを持った監督

『収容病棟』がもたらした興奮がなかなか覚めない。『三姉妹』のカメラについてakatukiyami 氏は、少女たちにとってカメラマンは自分についてくる従順な家畜に似た位置づけという卓抜な指摘をされた。なるほど稀にカメラ目線 … 続きを読む

カテゴリー: ワン・ビン, 映画 | コメントは受け付けていません。

ワン・ビン『収容病棟』

『収容病棟』には明確な政治的主張がある――エンドロール前の字幕が語る内容にその主張が要約されている。いわく、作品の舞台となった雲南省の公立精神病院の患者たち(男女あわせて200名ほど)は暴力性の有無を問わず同じ病棟(注  … 続きを読む

カテゴリー: ワン・ビン, 映画 | コメントは受け付けていません。