月別アーカイブ: 8月 2014

ベロッキオ『眠れる美女』

2012年の公開時、欧州の、特にイタリアの観客は本作の真価を正しく受け止めにくかっただろうと推測する。シナリオがそれにもとづく09年の延命停止事件の記憶が生々しく、本作も社会派ドラマのように見られた可能性が高いからである … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。

ゲーテ「聖なる憧れ」

ダニエル・シュミット『人生の幻影』(1983, タイトルはダグラス・サーク最後の長編劇映画 “Imitation of Life” に由来する)のラスト近くでサークが暗唱する詩は、ゲーテの『西東詩集』に収められた「聖なる … 続きを読む

カテゴリー: ダニエル・シュミット, 文学, 映画 | コメントは受け付けていません。

ベロッキオ『ポケットの中の握り拳』(“I Pugni in Tasca”, 1965)

『ポケットの中の握り拳』(“I Pugni in Tasca”, 1965)のルー・カステル演じるアレッサンドロ(癲癇を持つ次男)は、黙っていればいい男だが、動き始めればバスター・キートンばりの、あるいは精巧な機械仕掛け … 続きを読む

カテゴリー: 映画 | コメントは受け付けていません。