月別アーカイブ: 11月 2015

棹差す男

突如奇声を発する。 他人を打ったり、許可なく抱きついたりする。 商品またはサービスの代価の支払いを拒む。 泣いてもけっして理由を述べない。 音痴。 地を這う。 これらの属性をすべて持つため、社会秩序への不敵な挑戦者である … 続きを読む

カテゴリー: ミゲル・ゴメス | コメントは受け付けていません。

紅葉

今日の圓光寺。 散り敷いた葉も美しい。 こちらは詩仙堂。

カテゴリー: | コメントは受け付けていません。

腸なしシモン

まだ京都をぶらぶらしている。 『アラビアン・ナイト』第2部冒頭エピソードの主人公、腸なしシモン(食っても食っても痩せているためこのネックネームがついた犯罪者)を演じた人は、第3部のchaffinch コンテストのエピソー … 続きを読む

カテゴリー: ミゲル・ゴメス | コメントは受け付けていません。

原節子さんの訃報に接して

原節子さんは、わたしがもっとも尊敬している人間のお一人である。 原さんの映像を見たことが、わたしの人生にとって持った意味は計り知れない。 彼女が人間の観点からすれば永遠の相に移られたことを聞き、それがわたしにとっても厳し … 続きを読む

カテゴリー: 原節子 | コメントは受け付けていません。

アラビアン・ナイト

京都みなみ会館で今日見た。素晴らしかった。 これから公開されるはずの重要作品なので、詳細は教えてあげない。 劇場公開されたらその時にコメントします。ゴメス、まじゴメス(注)。 注 「ミゲールでゴメ〜ス〜」と言い換えること … 続きを読む

カテゴリー: ミゲル・ゴメス | コメントは受け付けていません。

“Motu maeva”(Maureen Fazendeiro, 2014)

京都造形芸術大で、モーレン・ファゼンデイロ監督(Maureen Fazendeiro)の “Motu maeva”(2014)を見る機会に恵まれた(2015/11/25)。 素晴らしい作品である。ミゲル・ゴメス監督の最近 … 続きを読む

カテゴリー: ミゲル・ゴメス, 映画 | コメントは受け付けていません。

Film-Philosophy 誌、オンラインでのオープンアクセス化へ

来年2月から。 くわしくはこちら。“Edinburgh University Press to publish Open Access journal: Film-Philosophy/Edinburgh Univers … 続きを読む

カテゴリー: 哲学, 映画 | コメントは受け付けていません。

515, 563(Mozart)

どちらも好きな曲。515(C)を聴いていると、二声のヴァイオリンと二声の ヴィオラがそれぞれセットで応答するところが多いため、トリオ(三重奏)を拡大した曲想のように聴こえる。基本的に主題は第一ヴァイオリンとチェロの間でや … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | コメントは受け付けていません。

綾波ブルー

素敵だ。“アヤナミブルー誕生。” 【参照】“アヤナミブルー/中川翔子 オフィシャルブログ”

カテゴリー: 美術 | コメントは受け付けていません。

“Les unes de la presse de ce dimanche”(Le Figaro)

「ル・フィガロ」ウェブ版がフランスおよび欧州各紙の日曜版の一面(表紙)(注)を掲載している。「ル・フィガロ」と「リベラシオン」は特別号――前者のタイトルは「悲しみと怒り」、後者は黒塗りのページを掲げるだけでタイトルがない … 続きを読む

カテゴリー: 現代 | コメントは受け付けていません。