日別アーカイブ: 2015/12/15

マティアス・ピニェイロ作品をめぐる最近のエントリーについて

『フランスの王女』についてなぜ書かないのか、と言われるだろう。『ビオラ』の評価が日本では不十分だからである。『フランスの王女』をないがしろにする意図はまったくない。ただ、ピニェイロの最新作を的確に評価するには、その起点に … 続きを読む

カテゴリー: マティアス・ピニェイロ, 映画 | コメントは受け付けていません。