日別アーカイブ: 2016/01/28

“Ich bin der Welt abhanden gekommen”(Friedrich Rückert )

ストローブ「母」冒頭のマーラー「私はこの世に捨てられて」の歌詞には字幕が付いていなかったので、よけいなお世話ではあるが、リュッケルトの詩と英訳を載せておく。 Ich bin der Welt abhanden gekom … 続きを読む

カテゴリー: ストローブ=ユイレ, 音楽 | コメントは受け付けていません。

ストローブ近作の音楽について

「ジャッカルとアラブ人」のクルタークは素敵だ。『共産主義者たち』に引用された「黒い罪」のベートーヴェン(最後の四重奏曲の最終楽章冒頭)も。しかし、「慰めようのない者」のシューマン(ピアノ四重奏曲変ホ長調序奏)と、「母」の … 続きを読む

カテゴリー: グスタフ・レオンハルト(Gustav Leonhardt), ストローブ=ユイレ | コメントは受け付けていません。

四種のフランス語のテクスト

アテネフランセ文化センターで現在上映中のストローブ作品のうち、五本がフランス語テクストに基づいている。わたしはこれから『共産主義者たち』を視聴するので、すでに耳にした残り四本のフランス語の響きについて書く。 「ある相続人 … 続きを読む

カテゴリー: ストローブ=ユイレ | コメントは受け付けていません。