日別アーカイブ: 2016/03/03

Directors’ director

フラーは自伝の中でこの言葉を使っている(邦訳p. 601)。映画作家からの信頼が篤いだけでなく、自分より年上の監督(たとえばジョン・フォード)からずっと年下の監督(たとえばジャームッシュやギタイ)まで、実に幅広い人たちと … 続きを読む

カテゴリー: サミュエル・フラー, ファスビンダー | コメントは受け付けていません。

フラー自伝

諸君。 これは素晴らしいぞ。いまはクリスタ・ラングとの出会いから初デートのくだりを読んでいたところだ。 ユーロスペースのフラー特集は明日までだが、税抜きで買い求めることができる(ただしそれでも6k)。

カテゴリー: サミュエル・フラー | コメントは受け付けていません。

『裸のキッス』(Naked Kiss)

『ベートーヴェン通りの死んだ鳩』のラスト近く、ケルンのカフェで主人公がさくらんぼのシュナップスを飲みながら店の少女と対面する場面には、『裸のキッス』の主題と方法を読み取る手がかりがある。ケルンのカフェの六、七歳くらいの少 … 続きを読む

カテゴリー: サミュエル・フラー, 映画 | コメントは受け付けていません。