日別アーカイブ: 2016/04/06

『夜の緋牡丹』と島崎雪子

島崎雪子といえば、『めし』に出てくる、二十歳のおさわがせ家出娘である。上原謙の姪という設定で、美しい妻(原節子)を持つ彼を慕っている。しかし、この映画の島崎が原に対抗できる武器は、若さと活発な無邪気さだけ。株屋でありなが … 続きを読む

カテゴリー: 映画, 陰謀 | コメントは受け付けていません。