日別アーカイブ: 2016/08/03

「室内」(8)

考えてみるとわたしはまだ院磨神社に行ったことがない。そこで信二さん宅を後にすると鎮守の杜に足を向けた。 盆地の中の森なのでこじんまりとしている。参道に沿って歩いた。現れた院磨神社は瀟洒な造りで、彩色のない材木の古びた肌理 … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントは受け付けていません。

「室内」(7)

結の人々は保守的という樹里さんの話が頭にあったので、やしろ前の敷地に入るときには少し緊張した。しかし、玄関に出てきた信二さんに意固地な印象はまったくなかった。わたしの唐突な訪問をいぶかる様子もなく、この地ですでに会話した … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントは受け付けていません。