日別アーカイブ: 2016/08/14

ラモーと機械――『ピグマリオン』について

ラモー『ピグマリン』は1748年初演の一幕のバレエである(きわめて美しい歌唱もあるのでオペラと考えていい)。颯爽たる音楽と、これにふさわしい物語(自作の彫像を愛し、美神の助けによって彫像を人間化する芸術家)の組み合わせは … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | コメントは受け付けていません。