「作家として」

起訴事実を認めて謝罪会見をした猪瀬前都知事の発言に、「今後は(注 今後というのは五年間の公民権停止期間を含むと考えられる)初心に帰り、作家としての仕事をしていきたい」という一節があった。
公民権停止中も、「作家」としての仕事は許されるというこの無恥きわまる認識には呆れる。作家を馬鹿にするなと言いたい。

カテゴリー: 保守反動   パーマリンク

コメントは受け付けていません。