キャバレー「ショウボート」

溝口『武蔵野夫人』は何度見てもよい映画だ。

後半、森雅之を放ったらかしにして轟夕起子がタクシーで五反田へ行ってしまう場面の背景に、銀座八丁目にあったキャバレー「ショウボート」の建物の全景が映っている。50年代以降、複数の映画(ハリウッド製を含む)で取り上げられた場所の、外観だけとはいえ最初の「引用」ではないだろうか。

このショットに限らず、『武蔵野夫人』における玉井正夫と溝口健二の風景の選択は比類がない。

カテゴリー: 溝口健二   パーマリンク

コメントは受け付けていません。