たこ焼きについて

ブログのよくないところはエントリーを書くことにつきまとう大仰さだ。わたしのように特に何も書くことがなくても書く人間にとって、たとえばたこ焼きが食べたくなったときのブログほど役に立たないものはない。公開しなければいいではないかと言われるだろうし、それにはまったく賛成なのである。しかし、一度ツイッターをやってしまうと、「たこ焼き食いたい」というだけのことさえ公開したくなるものだ。別にエントリーの無駄撃ちをしたくて書いているわけではない。

カテゴリー: 硬派   パーマリンク

コメントは受け付けていません。