『風船』(2)

このフィルムは何て素晴らしいのだろう。芦川いづみも黛敏郎も最高だ。川島雄三のこれが本音なのだと思う。泣ける。また泣いた。

カテゴリー: 川島雄三, 映画, 芦川いづみ, 音楽   パーマリンク

コメントは受け付けていません。