Touch of Evil 黒い罠

少し前にamazon UK で注文しておいたウェルズの「黒い罠」のブレーレイが届いた。よく確認せずにポチったので届いたブツを見て心底驚いたのだが、この商品、2枚のブルーレイディスクに何と5つの異なるバージョンをすべてフルサイズで収録している。5つのバージョンとは以下の通り。

1958年の劇場初公開版2種(スタンダードおよびシネマスコープサイズ)。
1958年の劇場未公開版(プレビュー版、シネマスコープサイズ)。
1998年の再構成版(スタンダードおよびシネマスコープサイズ)。

この徹底ぶりはおそろしい。ウェルズ「オセロ」の3つのバージョン http://www.p-renaissa.jp/borujiaya/?p=275 で紹介した Wellesnet のエントリ冒頭、「黒い罠やアカーディン氏の場合に成果があったように、うまくいけばオセロの3つの異なるバージョンを含む3枚組DVD再発売につながるかもしれない」の意味がようやく実感できた。もちろんうれしいが、これらのバージョンをすべてつぶさに見たら、その後もう「黒い罠」を見る気にはならないのではないかという恐怖も感じ る。とはいえ生前あれほどウェルズに冷たかった英米でようやく彼に対する評価が定まってきたことは、素直に歓迎すべきだろう。ちなみにこの2枚組ブルーレイの価格は12.44ポンド、送料は普通便で6.56ポンドである。1ポンド120円で換算しても2300円程度。どうせバカ高い値段をつけることになる日本版などを待ってはいけない。いますぐ買うべきだ。

ちなみに「アカーディン氏 Mr Arkadin 」の方はクライテリオン・コレクション版という、これまた徹底したDVDが出ている。amazon.comでまだ入手できるのでとりあえず購入しておいてはどうか。amazon.com のサイトでは販売者によっては日本向けの出品をしないところがあるけれども、amazon が直接取り扱っている商品なら問題はない。ただしリージョン1だからPCでの試聴になる点に注意が必要である。

たしかにこの状況を見ると、「オセロ」の3バージョンを含むDVD発売の可能性は高い。

カテゴリー: 映画   パーマリンク

コメントは受け付けていません。