パワフルおじいさんズ

ニコラウス・アーノンクールは1929年12月6日生まれ、フレデリック・ワイズマンは1930年1月1日生まれだから、ほとんど同い年と言っていい。アーノンクールが引退を発表した日にはコンサートの予定が組まれていたので、つい最近まで現役だったし、ワイズマンも新作『ジャクソン・ハイツ』を発表したばかりである(おそらく十数時間に及ぶ撮影にすべて立ち会っているはず)。指揮の仕事でも、コンサートで振ること以上にリハーサルが要求する労力は甚大だ。長年のキャリアゆえに高齢でもこうしたことが可能になるのだろうが、それにしても何というパワフルおじいさんたちなのか。

【追記】 勢いでカテゴリー「おじいさん」を作ってしまったが、おじいさんそのものに関心はない。
【再追記】 そういえば、ジャック・リヴェットは1928年3月1日生まれだ。3大パワフルおじいさんが揃ったわけである。

カテゴリー: おじいさん, ジャック・リヴェット, ニコラウス・アーノンクール, ワイズマン, 映画, 音楽   パーマリンク

コメントは受け付けていません。