フラー2作品+ロッセン『ジョニー・オクロック』(WOWOW, 5月)

フラー作品では過去に『赤い矢』などを取り上げてきたWOWOWが、この5月に『クリムゾン・キモノ』(12日)と『殺人地帯USA』(13日)を放送する。これは特集「名匠たちのフィルム・ノワール」の一環としてであり、同じ企画で9日には何とロバート・ロッセンの監督デビュー作『ジョニー・オクロック』が日本初紹介される。今月のウェルズ特集(『フォルスタッフ』『審判』『偉大なるアンバーソン家の人々』『上海から来た女』『市民ケーン』)に続く快挙。フラー『赤い矢』も近いうちにまた取り上げてほしい。

カテゴリー: サミュエル・フラー, 映画   パーマリンク

コメントは受け付けていません。