つけたし(ウルフの『オルランド』)

ヴァージニア・ウルフの『オルランド』が両性具有であることと、ヴィヴァルディ『狂えるオルランド』1727年版のタイトルロールがメゾソプラノであることとは無関係であろう。プロットについても、アリオスト『狂えるオルランド』との類似はほとんどないが、ちくま文庫版、ウルフ『オルランド』の訳者あとがきによれば、それでも本作はアリオスト作品を念頭に置いて書かれているようだ。

ではおやすみ。

カテゴリー: おじいさん   パーマリンク

コメントは受け付けていません。