アヴェロエスの「知性単一論」

アヴェロエス(1126-98)は実人生においても哲学史においても数奇な運命を辿った哲学者だ。新プラトン主義経由の読解からアリストテレスを解放する徹底的な彼の注解は、そのほとんどがラテン語に翻訳され、盛期スコラ学の基礎を築いた。1270年代にはパリでアヴェロエス派が勃興したが、同じ時期にパリ大学に赴任していたトマス・アクィナスはわざわざ『知性の単一性についてアヴェロエス派を駁す』を著してこれと鋭く対立する。

アヴェロエスの「知性単一論」というのはアリストテレスの知性論を独自に発展させた議論で、カッシーラーの簡潔な紹介によればこう。(「個と宇宙」邦訳p.158から抜粋)
「思惟の根本的な力は個体化を卓越している。なぜなら知性そのものは分割されるものではなく、絶対的統一をなすから。思惟は単なる生物としての個別化から自我が抜け出すこと、つまり自我が個別性を克服し、一なる絶対知性、すなわち能動知性と融合することで成り立つ。」

出た、能動知性! 当然こんな議論、トマスの気に入るはずがない。知性の本質は何か、という問いはわれわれ個人がじっさいに思惟の機能を遂行しなければ立てられず、この機能は経験上、個人が思惟する自己との関係においてはじめて見出すものである、と。要するにアヴェロエスの「知性単一論」へのトマスの批判の要諦は、知性において個体化を認めよ、ということらしい。これはスコトゥスからクザーヌス、さらにはライプニッツへと流れ下る脈々とした伏流となる。

ところがどっこいアヴェロエス主義は廃れなかった。クザーヌスが学んだクワトロチェント初頭のパドゥアでもその勢いは衰えなかったという。しかし、個体を抜け出し、能動知性と接合する単一知性なんてスコラ版構造主義みたいな思想は、当然ルネッサンスの精神と衝突する。クザーヌスはアヴェロエス派にはとんと興味を示さなかったというし、何よりフィレンツェのプラトン・アカデミーの面々とか、ペトラルカあたりはこれに猛烈に反発したらしい。そりゃそうだろう。知性単一論は人文主義ともキリスト教の信仰とも相容れないから。

しかし。どうもこのアヴェロエスご本人はすごいやつらしい。本名はアブル・ワリード・ムハンマド・イブン・アフマド・イブン・ルシュド。バグダッドの人ではありません。イブン・ルシュド(アヴェロエス)はアンダルシアはコルドバ生まれ、スペインとモロッコで生涯を送りました。どうすごいのかというと、もちろんアラビア語文献を漁りまくってアリストテレスのほとんどに注解を施した偉業だけでなく、レコンキスタ前夜の衰え行くイスラム王朝で、イスラムの教義とアリストテレス哲学の調和を説こうとする綱渡りが。

さらにご本人の意向とは別なところでスコラ学にアリストテレスへ帰れブームを巻き起こし、ユダヤ系哲学者たちにも甚大な影響を与えちゃった。アリストテレスを三大宗教にぶつけ、それぞれの分野で哲学対信仰論争の火種を植え付けたのだから数奇としかいいようがない。

カテゴリー: 哲学   パーマリンク

コメントは受け付けていません。