生存報告

このブログの新たな名称候補ーー通りすがりの人とごく少数の物好きによって遠巻きに見物されている奇妙な大道芸人の馬鹿げた芸の数々。

『ケータリング、ケータリング』は好評を博している(当ブログ比)が、じつはこの「小説」、たのまれた〆切間近の原稿をやるのがイヤで書いた、逃避行動の産物である。書き進めながら自分のネタに爆笑していたので、逃避だからこそ楽しかったのはたしかだが。また次の教訓も得たーー日常のコマゴマとした思いつきは小出しにせずに、小説の中に詰め込んでまとめて吐き出すと健康的である。〆切仕事が終わったら、また小説を書くかもしれない。

川端康成の小説は〆切仕事の必要で読んだ。あたりまえだが、並外れた才能を持ち、文学の修練を積みつつある人の文章はすごい。ああした文体と構想は曲がりなりにも模倣されるべきであると率直に思った。

カテゴリー: ナマケモノ, 小説   パーマリンク

コメントは受け付けていません。