量子を焼きなます

かつて superstring は「超ヒモ」と訳されていた。わたしなど、ヒモと言われればあのヒモくらいしか思いつかない。「超ヒモってたしかにスーパー」と感じ入ったものだ。

これに匹敵するインパクトを持つのは「量子色力学(りょうしいろりきがく) quantum chromodynamics」である。猟師が色に(‟いろり” の響きがたいせつ)触れて気が狂い、何かしているさまを容易にイメージできる。

そして、最近の成果は「量子焼きなまし法」だ。何をどうしてどうなるのか、だれかわかりやすく教えてください。

カテゴリー: ナンパ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。